山の天気予報:株式会社ヤマテン
自衛隊・消防・警察
近年、自衛隊や消防のヘリコプター事故、警察、消防による山岳遭難者の救助中の事故が発生しています。ヘリコプターの事故は原因が究明されていないものもあり、気象との因果関係がないものもありますが、各種天気図や現場での雲の観察などから気象状況を正しく予測していれば防げたものもあります。また、陸上からの山岳救助においては、二重遭難を避けるために、リーダーの判断が非常に重要になってきます。

山岳では平地は異なる様々なハザードやリスクが存在します。そのため、山岳における遭難活動や訓練などにおいては、それらのリスクを事前に想定し、出発前にリスクの可能性を極力減らすとともに、現場において予想外の事態が発生した場合に、隊員や要救助者の安全を確保するための迅速な判断が求められます。

そうした事態に対応するために必要な知識を習得する講習会をヤマテンでは行っています。講習会の内容や時間等については、それぞれの組織によって事情があると思いますので、ご要望に応じて設定しますが、現場で役立っていただける講習会にするために、アクティブラーニング方式をおすすめしております。なお、これまでの講習会の実績、今後の予定については以下の通りになっております。ご参考になれば幸いです。
陸上自衛隊 習志野駐屯地での山岳リスクマネジメント講習
日程:3月1日(木)、2日(金)
講師:猪熊
長野県消防学校 山岳救助科訓練(予定)
日程:6月28日(木)
講師:猪熊

© Yamaten Inc.